その結論以外にも
答えがあるかもしれません。

今の結論は
ベストなものだろうか。

  • 今の建物を
    リニューアルする予定
  • 所有している土地は
    駐車場にする予定。
  • 所有している建物を解体。
    更地にして貸す予定。
  • リスクは冒したくない。
    売却予定。

わたしたちは
「なぜ?」を共有することから
始めます。

  • リニューアルの「なぜ?」

    建物をリニューアルする場合もリスクが生じます。工事内容によっては償却期間が違うため、収支を圧迫する可能性や、借入を行う場合では短期融資しか対応できない場合も。ライフサイクルコスト、相続、将来的な管理体制などを総合的に判断し、ご提案いたします。

  • 駐車場経営の「なぜ?」

    月極駐車場、コンパーキングでは、建物解体などの経費がかかります。気軽に始められますが、税金が高く、実際に手元に残る金額が少なくなることも。車の保有台数が減っている今、何が最善の活用方法なのか、わたしたちはあらゆるリスクと可能性を考慮して計画をご提示します。

  • 土地のまま貸す「なぜ?」

    土地のまま貸す場合は、中長期に渡って契約する場合が多く、契約期間内は賃借人がいる限り、売却しようと思っても売りにくくなったり、自由に活用もできなくなります。税負担と収入のバランスを考慮し、最善の活用方法をご提示します。

  • 売却の「なぜ?」

    不動産売却時に得られた利益には様々な課税がされることとも。譲渡所得税、住民税、復興特別税などが課税されるうえ、仲介手数料などの諸経費もかかります。また相続時には現金の額面に対して課税されるため、売却せずに有効活用で税制メリットを享受できる可能性もあるのです。

その「なぜ?」に、
向き合うこと。
それが、私たちの
提案のクオリティです。